大切な日の振袖はやはらぎで

やはらぎで振袖をえらぶ、愉しさ。

やはらぎでは、1柄につき1地区1枚しか販売いたしません。

誰のものでもない、新たな門出を迎える大切な貴女のための、とっておきの振袖をご用意いたします。


まずは振袖をセレクト。
数ある逸品の中から、自分だけの一着を見つけたら、
次は小物選びです。

全体のコーデを決める帯、バッグ、草履を決めて。
他の人と差をつける帯締めをえらんで。
帯揚げは、差し色にする?全体と合わせ色味を統一する?身長や体型も視覚効果でずっときれいに見えます。
伊達襟はお顔に近い部分ですので、振袖とどういう対比にするか考えるところ。

こうして並べていくだけで振袖の表情が変化していきます。

きものコンシェルジュが親身にアドバイスいたします。
もちろん主役のお嬢様の意見は最重要。
好きなんだけど、無理めかな?という色合わせも、
お年頃につきもののスタイルのお悩みも、気兼ねなくご相談くださいね。
魔法のようなコーデ技でしっくり美しく見せます。

今まで自分に似合わないと思ってた色だって、
合わせてみると似合う不思議。
きものって、それだけ見て素敵でも、
着る人によって全然違います。
きもの一枚一枚に、絶対に似合う人がいるんですよ。

時には、お母様の方が熱くなったりすることも。
「これがいいんじゃない?これにしようよ」
「いや、着るの私だからね!」とお嬢様も譲りません。
このやりとりも、大切な大切な思い出のはじまり。

この時間は、やはらぎスタッフの一番の楽しみでもあり、やりがいのあるところです。
思っても見なかったコーデをご提案してみた時の「これ素敵!」という笑顔も、
吟味に吟味を重ねて満足のいくコーデが仕上がった時の「できた!」という笑顔も、
かけがえのない喜びです。


「前撮り」
慌ただしい成人式当日ではなく、
前もってゆっくりとお写真を撮っていただくサービスです。
前撮りの日は、まずダイワロイネット3Fの美容室で
ヘアメイクと着付け。
はじめは緊張の面持ちのお嬢様。
きものを着るのはこれが初めてという方も多いです。
「似合うのかなあ」
「苦しくないのかなあ」
「おかしくないかなあ」
といった不安をお持ちの方もおられます。
大丈夫安心してください。今まででいちばん美しくなりますからね。

着付けが仕上がっていくにつれ、お嬢様に笑顔が出てきます。
「自分で思っていた以上に似合う」
「苦しくないから、一日着ていても大丈夫そう」
「おじいちゃんおばあちゃんに見せたら喜んでくれそう」
様々な思いが生まれているのでしょうね。

娘の晴れ姿に、見つめるお母様も思わずにっこり。
これまでの20年間を噛み締めてらっしゃるのでしょうか。


着付けが完了したら、
ダイワロイネット内の写真館「STORY TELLER」さんへ。

プロのカメラマンが、
細かいポーズや表情まで指示してくれます。

和小物をあしらったり、
この日のためのネイルまでちゃんと撮影してくれたり、
細かい心配りが嬉しい、
女優気分のひとときです。

ご家族と撮影するお写真は、大切な宝物。

天気がよければ、やはらぎからほど近い和歌山城での撮影も。
紅葉溪庭園での撮影はロケーションも最高です。

一番美しいときを、一番美しい場所で撮影します。


振袖フルコーディネートセットも。

振袖フルコーディネートセットは19万円から。
28万円以上のご購入の方には10大特典が付いております。

  • 前撮りの日 ヘアセット・着付け
  • 前撮り記念撮影1ポーズ
  • 前撮りご家族との撮影1ポーズ
  • 成人式当日ヘアセット・着付け
  • 卒業式の日 袴無料レンタル
  • 振袖ガード加工
  • 長襦袢ガード加工
  • 振袖・長襦袢着用後のクリーニング5年間無料
  • ショール・髪飾りプレゼント
  • お支払い金利手数料無料(10回まで)

特典には前撮りと、成人式当日の着付け・ヘアメイクもついております。
また、卒業式を控えている方には袴のレンタルも無料。また違う表情で記念日を彩っていただけます。
振袖と長襦袢のガード加工とクリーニングは、「汚しちゃいけない!」と固くなってしまわないよう。
大切な時間を楽しんでいただくために、実はとっても有効なんです。

振袖は、しあわせのすがた。

女性の幸せのためにある振袖

振袖は、娘時代・独身時代にしか着られない華やかなきもの。
江戸時代から若い女性の正装となりましたが、袖の袂が長いため日常の動作には邪魔になるので、「正装」とされていました。

神を呼び厄を払う振袖

古来、「振る」という行為には呪術的な意味がありました。振ることで神の魂を奮い立たせたり、神を呼び寄せたり、厄を払ったりするとされ、これを「魂振り(たまふり)」といいました。そのため神に仕える女性は、長い布や袖を纏っていました。

振袖で恋愛成就

時代の流れとともに、振袖は次第に装飾としての意味が高くなり、江戸時代初期には舞踊の際に美しく見えることから、衣装としての振袖が使用されるようになりました。舞台上のしぐさを一般の女性たちが真似て、「袖を左右に振ると愛情を示す」「袖を前後に振ると嫌いを示す」というような表現が流行しました。これらのしぐさは未婚女性のもの。そこで振袖=未婚女性のきもの、という習慣が出来上がりました。今でも恋愛でいうところの「振った」「振られた」はここからきています。もともと神=魂を呼ぶ、払うものでしたから、それが個人の感情に活用されるようになったのです。

愛しい人を呼び、神のご加護を呼び、厄を払う「振袖」。結婚式や成人の日などに振袖を着ることは、人生の門出を祝福し身を清め良縁を呼ぶという意味があります。

長く着られて、楽しめる振袖

振袖って1〜2回しか着られないんじゃないの?と思ってしまってませんか?
振袖はおめでたい柄なので、お祝い事に着ていけば、場が華やかになり、格も上がりますので大変喜ばれます。小物使いで違った印象にできるので、着用の機会は実は多いのです。

大切な振袖は、ずっとずっと。

よいきものは、材質・染色・仕立て全てにおいて長持ちするもの。いずれ子に孫にと受け継いでいくことができます。
時代が変わろうと、その時々にあったコーディネートをすれば、いつの時代も新しく輝く美しさを纏わせてくれます。
良い振袖は一生物どころかご家庭の大切な「絆」となります。

やはらぎでは、他の誰のものでもない、貴女のための一品をご用意します。

一枚の振袖、それだけでも個性が出ますが、小物遣いで「あなたらしさ」が輝きだします。
やはらぎでは、コーディネートのご相談もお受けしております。
きものコンシェルジュが、お客様のイメージをしっかりと受け取り、さらに魅力的に着姿をご提案いたします。


振袖コーデ。凛々しく。

矢羽根は魔をはらう意味があり、
さらには「的を射る」など、縁起の良い文様です。

黒地に大胆に矢羽根をあしらったこの振袖は、
古典柄なのにモダンな印象。

帯と半襟は凛とした白をセレクトし、
半襟にはワンポイントで赤い花が顔まわりを華やかに演出。

小物は着物の柄からブルーを拾って、
鮮やかさと初々しさを表現しています。

きものをモダンに着こなしたい貴女に。


振袖コーデ。華やいで。

白をベースに、様々な手法で描き出された百花繚乱の振袖。

紫・黒の絞りが花の向こうに見え隠れし、
落ち着いた明るさを醸し出しています。

一段明るい色の紫を太めに取った帯揚げと、
裾模様と同系色の帯でまとめて、
脚長・スタイルアップ効果も。

萌え出ずる若葉のような女性を表現した帯締めとバッグで、
若々しさを表現しています。

伝統的な和のテイストをお好みの貴女に。


振袖コーデ。鮮やかに。

光沢のあるブルーグリーンと
中間色の花々が織りなすこの振袖の景色、
実はコーデが難しいカラーリング。

大胆なピンクを襟元と帯揚げの差し色にセレクトしながら、
半襟は白で凛とした雰囲気を作り、
大きく結んだ帯締めの
はっきりしたカラーと躍動感で全体をまとめました。

ころんとしたバッグで、春らしさをプラス。

「自分色」にこだわる貴女に。

やはらぎの特選振袖。とっておきの美しさを、今。