茶道教室 2023年9月29日(金)お月見会

本日は、十五夜。お茶会ではないですが、お抹茶をたくさんの方に一服いただきました。店内に、帯で作る「結」(十五夜をイメージ)や、うさぎの置物、ススキなど飾り、十五夜のお月見感を出してみました。やはらぎスタッフの帯にもススキが!そして、主菓子器の蓋を開けると、なんと!主菓子の可愛いこと。「カワイイ!うさぎみたい~」と声が飛び交っていました。

:やはずすすき・萩
お菓子:名月
:「喫茶去(きっさこ)」中国唐時代の僧侶・趙州従諗禅師の言葉。「お茶を一服どうですか」「どうぞお茶でも召しあがれ」の意味としています。※「去」は「去る」ではなく強調の助辞ととらえています。
花入れ:宗全籠

関連記事

  1. 書の教室(第2回)
  2. 書の教室(第8回)
  3. 大決算市2022 藤井絞さんとコラボ編
  4. 茶道教室(4/14)旅箪笥のお稽古
  5. 茶道教室 2023年7月22日(土)
  6. 『大決算市、textile art kimono、一脇草履お見立…
  7. 茶道教室(風炉 薄茶・運び点前)其の五
  8. 書の教室 2023年2月23日(木・祝)
PAGE TOP